銅と異種金属の電食の注意点は?

ご質問

銅と異種金属の電食の注意点は?


お答え

 電食については、以下の点に注意してください。

  1. 銅を異種金属と接触させると、電食がおこります。釘や取付金物には同種金属である銅や黄銅、あるいは耐食性に優れたステンレス(SUS304)をご使用ください。
  2. 釘や取付金物に鉄などを用いた場合には、銅との間に電食が起こるので、その間に電食防止塗料や絶縁材料を入れるように設計してください。もし絶縁されていないと、釘や取付金物の錆の進行が加速され、鉄錆による銅の穴あきにもつながります。
  3. 銅屋根の上に鉄製の工作物を設置する場合にも、その接触部に絶縁材料を入れられるように設計してください。
| 戻る |

Copyright 一般社団法人日本銅センター