超抗菌特設サイト

最近よくある Q&A についてまとめました


銅の超抗菌性能は銅の表面に菌類が接触したときに効果を発揮します。 銅の純度が高いほど効果がありますが、表面が酸化などで変色している状態でも問題ありません。 ただし、銅の表面にクリアー塗装等の処理を行うと、銅の表面と接触することができなくなり、抗菌効果が低下します。