空調機器の冷媒配管には銅管最適です

空調機器の冷媒配管とは

空調機器の冷媒配管とは、空調機器の「室内機」と「室外機」をつなぐ連絡管です。空調機器内部で「冷媒」が蒸発・凝縮することにより、周囲の環境から吸収した熱を「冷媒」を媒体として搬送する働きをします。「冷媒」が連絡管から漏れると、機器の効率が低下するだけではなく、地球温暖化にも影響を及ぼします。
日本銅センターは空調機器用の冷媒配管には施工実績がある「冷媒用被覆銅管」が最適であると考えます。本サイトでは「冷媒用被覆銅管」の優れた性能と施工性についてご紹介していきます。

イメージ画像

空調用冷媒配管における銅管の優位性

銅管の特徴/銅管の生産量/銅の資源量
 
イメージ画像

冷媒用被覆銅管の製品・規格・施工

製品の概要/日本銅センター制定規格について/冷媒用被覆銅管の品質について/冷媒用被覆銅管施工マニュアルのご紹介
 
イメージ画像

冷媒用被覆銅管に用いられる接続方法及び管継手

フレア接続/ろう付け接続/機械的継手接続
イメージ画像

日本銅センターの取り組み

JCDA規格  銅管継手認定・認証制度/技術委員会/広報活動

お知らせ

2022/10/18
第54回管工機材・設備総合展に出展します。
2022/10/18
「空調用冷媒「銅」配管」特設サイトをオープンしました。